生理痛で吐き気が起こる原因とは?

生理痛で吐き気が起こる原因とは?

生理痛で起こることが多い症状としては腹痛、腰痛などでしょう。お腹が痛いという人は多いのですが、たまに吐き気で悩む人もいるのです。腹痛の場合はお腹を温めるなどの対策法がありますし、鎮痛剤を飲むことで痛みが緩和される可能性もあります。しかし、吐き気の場合はどうすることもできない場合もありますし、周囲に迷惑を掛けてしまうかもしれません。そのようなことを考えると、吐き気を生じやすい人は生理の時に会社に行きたくないと思うこともあるのではないでしょうか。

生理痛によって吐き気が生じるのは珍しいことではありません。生理の時には体調も崩しやすいのですが、元々胃腸の機能が弱っている人は、生理の時にそれが増してしまうと言われています。ホルモンバランスが乱れ、痛みを引き起こす原因となるホルモンが分泌されてしまいますので、吐き気で悩む人は吐き気を生じる原因となるホルモンの分泌を抑える、ホルモンバランスを整える、そして胃腸機能を改善させることが大切です。また、胃腸の刺激に繋がるコーヒー、刺激物などを避けることも有効です。

なかなか難しいことかもしれませんが、胃腸機能が低下すると健康面でも様々なトラブルに繋がります。ですから少しずつでも努力を重ね、胃腸機能を取り戻しましょう。