生理痛の吐き気と下痢について

生理痛の吐き気と下痢について

生理痛の吐き気と下痢が同時に生じるという悩みを抱えている人も多いようです。吐き気と下痢というトラブルは非常に辛いことでしょう。たとえ自宅にいたとしても、長い時間トイレで過ごすことも多いでしょうから、毎月生理が来ることを恐怖に感じている人もいるほどです。

吐き気の原因はプロスタグランディンという物質が原因だと言われています。これが分泌されることにより、胃腸の血行が悪くなって胃腸が収縮し、吐き気を生じることが多くなるのです。また、内臓の収縮にも繋がるため、大腸が収縮して下痢に繋がることもあります。

吐き気と下痢が同時に生じた場合は何かの病気ではないかと不安に思うこともあるようですが、このようにただの生理痛でも吐き気と下痢が同時に起こる可能性は考えられます。また、吐き気を生じる人はそれ以外の腹痛などの症状で悩まされる場合も多いですし、月経量が多いという特徴もあります。元々胃腸が弱い人は特に生理の時に吐き気を生じやすいのです。非常に辛いことではあるでしょうが、なるべく体が冷えない状態にすることが大切です。