生理痛の原因と腰痛の原因について

生理痛の原因と腰痛の原因について

生理痛の時には腰痛で悩まされることも多いと言われています。特に若い女性の場合は腰痛が生じることがあるのですが、これは若い時に子宮口などが未熟な状態であり、生理の時に経血がきちんと排出されないからなのです。そうすると腰痛が生じやすいと言われているのです。

生理痛の原因も、子宮口が未熟だということが挙げられます。ですから、腰痛だけでなく腹痛も生じることがあります。若い時にはホルモンバランスも整っておらず、それによって痛みも強く生じてしまう可能性もあります。しかし、生理痛の時に生じる腰痛は、子宮内膜症などから起こる場合もあります。痛みがあまりにも強い場合はそのような病気という可能性もあります。いずれにしても、腰痛は血液の流れが悪化することによって起こりますので、血液が悪化している原因を取り除くことが大切です。

また、ストレスも血液の流れを悪化させる原因ですから、ストレスを溜めこまないことも腰痛を緩和する方法の1つです。すぐにでも腰痛をなんとかしたい場合は、腰を温めてみてください。