生理痛の原因はホルモンバランスの乱れにあります

生理痛の原因はホルモンバランスの乱れにあります

生理痛の原因は多々ありますが、結果的には何らかの影響を受けてホルモンバランスが乱れることにより、生理痛が悪化するのです。ホルモンバランスは大きく言えば生活習慣の乱れが原因で起こります。たとえば睡眠不足、食生活の乱れ、ストレスの溜めこみなどが続けば、徐々にホルモンの分泌量が変化してホルモンバランスが乱れ、生理痛が悪化するのです。

通常であれば、女性の体内ではプロゲステロンとエストロゲンというホルモンが分泌されており、これらのバランスが保たれているのです。それに対し、生活習慣の乱れによってエストロゲンの分泌量が増えると生理痛がひどくなってしまいます。また、体の冷えによってバランスが乱れることもありますので、体を温めることも有効です。いずれにしても、ホルモンバランスが乱れるのには必ず原因がありますので、その原因を取り除くことで再びバランスを整えることができます。