生理痛の原因は食べ物も大きく関係しています

生理痛の原因は食べ物も大きく関係しています

生理痛の原因は食べ物にある場合もあります。普段、栄養バランスのとれた食生活を送っているのであれば、食べ物が原因で生理痛が起こることは無いかもしれません。しかし、毎日忙しく過ごしている女性は、栄養バランスまで考慮するのは難しいことでしょう。そうなると、自然と買ってきたもの、自分の好きなものを適当に食べることもあるのではないでしょうか。そのような日々が続くと、普段食べているものによって生理痛がひどくなることもあります。

たとえば、甘い物、油の多い物は生理痛の悪化に繋がります。女性は食後のデザートが欠かせない人もいるでしょうが、毎食デザートを食べていると太ってしまうだけでなく、血行が悪くなって体の冷えに繋がり、それが結果的に生理痛の原因となります。冷え症で悩んでいる方も、もしかすると甘い物の食べすぎが原因かもしれません。

また、動物性食品を多く摂取することにより、生理痛が悪化すると言われています。たとえば、チーズや牛乳などの乳製品やお肉ばかり食べていると、エストロゲンの分泌量が増えてホルモンバランスが乱れてしまうのです。現代人は動物性食品の過剰摂取が問題視されていますので、自分に当てはまるという人は食生活を見直すことが生理痛の緩和に繋がります。