ひどい生理痛をピルによって緩和させる1

ひどい生理痛をピルによって緩和させる1

一昔前より、月経痛の原因としては、「黄体ホルモン(主にプロゲステロンからなる、黄体や胎盤などから分泌される雌性ホルモンの1つ)」と「卵胞ホルモン(雌の生殖器に対して刺激作用があり、また発情を誘起するホルモンで、発情ホルモンとも呼ばれている)」の分泌不均衡が指摘されていました。この2つのホルモンが原因となって、子宮収縮自体による痛みや骨盤内の血流うっ滞による痛みを発生させると思われていたのです。こうした機能性の月経痛に対しては、排卵を抑制したり、ホルモン投与で不均衡を改善したりすることによって、有効な治療に繋がると言われており、「ピル(経口避妊薬)」の内服が台頭してきたのです。ピルは、月経痛が改善する理由であるともされてきました。しかしながらも、中・高容量ピルには、様々な副作用があることが問題視されてきました。体重増加という忌まわしい副作用がは特に、女性には抵抗感があったのです。だからこそ、確実な避妊を求める人以外には、あまり処方されていなかったのです。その対処として出されたのが、「低用量ピル」になります。