ひどい生理痛時に使える薬剤3

ひどい生理痛時に使える薬剤3

ひどい生理痛時に用いられる漢方薬のその他のものとしては、「桃核承気湯(トウカクジョウキトウ―血液循環をよくするほか、便通をつけたり、不安やイライラをしずめ気分を落ち着け、またホルモンのバランスを整える効果も期待できる)」があります。これらは具体的に、女性の生理不順、重い生理、生理にともなう不安やイライラ、腰痛、便秘、打ち身、あるいは高血圧に伴う頭重感や肩こり、めまいなどにも適応してくれるわけです。それに加えて、そのような症状を有する子宮の病気にも応用されています。漢方薬は、自然の草や木からとった、生薬(植物・動物・鉱物などを、そのまま、または簡単な処理をして医薬品あるいは医薬原料に供するもの)の組み合わせから構成されています。そして漢方では、血行障害や鬱血のことを「お血(おけつ)」という概念で捉えて、重視しています。女性の月経トラブルだけでなく、いやゆる血の道症と呼ばれるものには、このお血を改善する漢方薬がよく使わているのです。