ひどい生理痛を緩和するには?2

ひどい生理痛を緩和するには?2

生理中での食事摂取に関す項目において、積極的に行いたいことがあります。それは、毎日豆乳を飲むなど、「大豆イソフラボン」を摂ることです。イソフラボンは、フラボノイドの1つになります。大豆などに多く含まれており、体内において、エストロゲンに似た働きをするのが特徴です。このイソフラボンの摂取で、生理痛が緩和されることもあります。また、腰の位置を安定させることも重要です。ベルトをしめて腰の位置を安定させることで、生理痛や腹痛や腰痛が和らぐ仕組みになっています。さらに、炭酸水で体質改善をしてみましょう。毎日、炭酸水である無糖の発砲水を飲むことは、実際に婦人科でも教えている方法になります。毎日続けていくことによって、生理痛が軽くなっていくわけです。そして、最大の要素は、ストレスを解消することです。アロマなどを取り入れて、積極的にリラックスするよう心掛けてみて下さい。生理痛は、ストレスからくるものが多いと考えられています。甘い香りのスイートオレンジなど、好みのものを試しましょう。また、薬を使用しても生理痛が緩和されない場合には、子宮筋腫や子宮内膜症の疑いがあるので、婦人科を受診することをお勧めします。