生理痛の薬であるロキソニンとは?

生理痛の薬であるロキソニンとは?

生理痛に効果的な解熱鎮痛剤としてロキソニンという薬があります。ロキソニンでしたら市販されていますので、誰でも手に入りやすいというメリットがあります。新しくロキソニンSという商品がありますが、これは第一類医薬品になります。薬剤師が居るドラッグストアなどであれば購入できるのです。

ロキソニン自体は1986年に発売されたのですが、解熱鎮痛剤ですので痛みの緩和、熱を下げるといった作用があります。痛みの原因となる物質が生成されるのを抑制する作用がありますので、ロキソニンは生理痛の痛みに対しても効果的だと言われています。

また、飲んでから効果が現れやすいというメリットもあります。特に新しくなったロキソニンSの場合はロキソニンに比べて効果が高まっているのです。また、胃腸に負担を掛けることも少ないと言われていますので、今まで薬によって胃腸が荒れてしまった経験のある方にも向いていると言えるでしょう。但し、年齢によっては服用できない場合もありますので、注意してください。効果が高いからこそ、15歳以上でなければ服用することができません。薬に頼り過ぎるのはよくありませんので、できればその他の方法と組み合わせながら、どうしても痛みが我慢できない時に薬を服用するようにしましょう。