鈍痛のような生理痛の症状

鈍痛のような生理痛の症状

生理痛の痛みの感じ方は人によって異なるでしょう。ズキズキと痛むという人もいると思いますが、鈍痛という表現をする場合もあります。多いのは、下腹部の鈍痛だと思いますが、鈍痛と言っても男性の場合はなかなか理解することが難しいでしょうから辛い思いをしている女性の方は多いでしょう。

下腹部の鈍痛の原因はプロスタグランジンという物質にあります。生理前になると体内でこの物質の量が増えてしまうのですが、子宮の収縮を促すため、物質の数が多ければ多いほど、痛みが激しくなるのです。つまり、鈍痛のような我慢できない痛みが続くという場合は、プロスタグランジンの量が多いと言えるでしょう。

この場合の症状としては、下腹部の鈍痛の他に、お腹がキリキリと痛むこともあります。また、下痢や吐き気、めまいといった症状に繋がることもありますので、もしそのような症状で悩んでいるのであれば、プロスタグランジンによる痛みを緩和する方法を実践してみると良いでしょう。この痛みは生理の前半の時に起こりやすいという特徴もあります。