成熟期の生理痛を緩和する2

成熟期の生理痛を緩和する2

成熟期の生理痛は、仕事に影響を及ぼすことから、非常に切実な悩みになっています。男性と違って、肉体的・精神的ストレスを受けやすいと考えられているので、男性と同じ環境で仕事をするにも関わらず、意に添わずに辛い想いをすることもあるはずです。20~30代の女性の就業率は特に、年々高まる傾向にあります。働く女性が増えてきていることから、職場の人間関係や、新たな環境の基においての仕事を始める際などで、強いストレスを受けることも多いと考えられています。近年においては、子供を産まないで(または、仕事が忙しいことから産むタイミングが掴めないで)、仕事を続けるしかないという選択を強いられる女性も少なからずいるそうです。そうした社会に多大なる貢献をしている女性に、実は増えているのが、「子宮内膜症(子宮内膜が本来あるべき子宮腔以外の場所に発生して増殖する病気)」や「子宮筋腫(子宮の壁を形づくっている筋肉の一部が異常に増殖して良性の腫瘍が出来る病気)」などの婦人科系の病気になります。