女性の身体の仕組み3

女性の身体の仕組み3

「卵胞ホルモン(エストロン・エストラジオール・エストリオール)」の働きによって、子宮の内側にある子宮内膜が増殖していくという仕組みになっています。卵胞ホルモンの量が頂点に達すると、同じようにして「視床下部(脳の中心部分の間脳と呼ばれる場所にある小指の先ほどの小さな器官)」からの性腺刺激放出ホルモンによって、下垂体から「黄体形成ホルモン」が分泌されます。黄体形成ホルモンが卵巣に届くと、成熟した卵胞が刺激されます。これによって、卵子が外へと飛び出すわけです。この黄体ホルモンは、子宮内膜に受精卵が着床しやすくする働きがあります。妊娠の作用となっているわけです。卵管内において、精子と卵子が受精すると、受精卵は子宮腟内へと運ばれます。そして、子宮内膜において、受精卵が着床するのです。黄体ホルモンは、子宮内で胎児が育つ環境を作っています。しかしながらも、妊娠が成立しないと、黄体ホルモンの分泌は止まります。よって、使われなかった子宮内膜が外へと剥がれ落ちるわけです。この剥がれ落ちた子宮内膜と血液が、腟を通って身体の外に出てくる現象を、生理(月経)と言います。