生理痛の原因「器質性月経困難症」1

生理痛の原因「器質性月経困難症」1

生理痛の基である、「器質性月経困難症」には、原因となっている病気が存在しています。この器質性月経困難症の主な病気を見ていきます。まずは、「子宮内膜症」です。子宮内膜症とは、子宮内膜が本来あるべき子宮腔以外の場所に発生して、増殖してしまう病気になります。増殖した内膜組織は、子宮内膜と同じようにして、生理がくると触解します。そして、出血を起こすわけです。本来の子宮内膜は、出血と同時に、身体の外へと排出されます。しかしながらも、子宮以外の場所で増殖してしまった内膜組織には、排出される出口がないことから、お腹の中に溜まって炎症を起こすわけです。この炎症が、激しい痛みなどの症状を出現させます。次に、「子宮腺筋症」です。子宮腺筋症とは、子宮内膜が子宮の筋肉層に入り込んだことによって、増殖してしまう病気になります。内膜組織が増殖を繰り返すことによって、周囲の筋肉が硬くなって、子宮の壁も次第に厚くなっていくのです。