生理痛に効く薬2

生理痛に効く薬2

生理痛に効果的な薬の1種であるホルモン剤の中でも、「ダナゾール療法(性ステロイド系の薬剤であり、カプセルを内服すると脳の下垂体に作用して、ゴナドトロピン―性腺刺激ホルモンの分泌を抑制して、卵巣からのエストロゲン―女性ホルモンの分泌を抑制)」においては、男性ホルモン系の薬になっており、排卵させないようにする働きを有しています。さらに、「偽閉経療法(子宮筋腫や子宮内膜症はエストロゲンの存在下で悪化するため、卵巣機能を低下させてエストロゲンと対抗する)」においては、女性ホルモンであるエストロゲン(卵胞ホルモン)の量を少なくして、閉経したような状態にするようになっています。そして、「漢方薬(主に樹皮や草の根・葉などから製する、漢方で用いられる薬物)」になります。漢方薬は、冷え性・イライラ・貧血だけではなく、生理痛にも効果が認められる漢方になっています。ちなみに漢方は、中国の漢の時代に形成された民族医学でああり、本来は治療部門と養生(ようじょう)部門が存在しています。一般に漢方と言われると、治療部門のみを示しているそうです。