生理痛の時期によって判断する方法

生理痛の時期によって判断する方法

生理痛がひどい時期は人によって異なります。その時期によって原因を探ることにも繋がりますので、自分はどの時期が最も辛いのかを考えてみましょう。

たとえば、生理前に激しい生理痛のような痛みを生じることもあります。生理前には、生理を起こすための準備としてホルモンの量が変化しているのです。そうすると自律神経のバランスも乱れてしまい、それが生理痛に繋がります。実際に腹痛などの症状が起こることもありますし、イライラするなどの精神的な症状が起こる場合もあります。

生理が起こってからすぐに痛みを生じる場合は最も一般的ですが、痛みの原因となる物質が分泌されるために起こります。子宮収縮作用があるため、子宮が収縮することによって痛みが激しくなるのです。また、血液の循環が悪化し、体が冷えやすくなりますので、更に症状が悪化すると言われています。

生理の後半の時期に生理痛がひどくなる場合もあります。後半になると血液の流れが悪化するために、様々な痛みを伴うことがあるのです。生理痛というと、前半に起こるようなイメージがあるでしょうから後半に起こると病気が原因なのではないかと思うかもしれませんが、そういうわけではなく、きちんとした理由がありますので安心してください。但し、痛みの度合いによってはその可能性も考えられますので、受診も検討した方が良いでしょう。