生理痛は病気です

生理痛は病気です

生理は、女性特有のものです。だからこそ、生理が起こっている間には、誰でも不快な症状を伴うものです。多くの女性が、この期間に痛みなどの症状を感じています。この中でも、日常生活に支障をきたすほどの生理痛を、「月経困難症」と言います。月経困難症は、一般的な生理痛とは区別をされている、れっきとした病気です。具体的には、生理が始まると、痛みが特に酷い、横たわっていないと耐えられない、家事や仕事が手に付かない、辛くて学校や会社に行けないなどといった、重い症状が当てはまり、これが月経困難症の特徴になっています。症状は、痛み以外にも、吐き気・食欲不振・下痢・頭痛などが同時に現れることが多くあります。月経困難症の女性にとっては、生理の期間はとても辛いものになっているのが現状です。この月経困難症は、2種類に分けることが出来ます。1つめは、原因となっている病気を持っているために起こる「器質性月経困難症」です。そして2つめは、原因となる病気が特にないにも関わらず起こる「機能性月経困難症」になります。