これだけで分かる生理痛

これだけで分かる生理痛

現代は、女性の社会進出などに伴って、女性が活躍する場所が増えています。そんな中で、女性によっては、毎月「生理」がやってくるに従って、不快で辛い、憂鬱な想いをする人も多くなっているそうです。生理痛は、生理の期間に起こるとされる、下腹部や腰痛など、骨盤を中心とした部位の痛みのことを言います。頭痛など副次的な症状を含めて、そう呼ばれることもあります。生理痛は、生理が始まった初日から、およそ2~3日目にピークを迎えることが一般的です。症状としては、個人差があります。具体的には、お腹が張ったり、ズキズキと痛んだり、腰をいつもよりも重く感じたりと、多様に存在しています。さらに、症状の重さ自体にも、人によって異なるために、普段の生活において支障をきたすほど症状が重い場合には、「月経困難症」と呼ばれる病気の可能性があります。生理痛は、女性なら誰でも起こり得るからと言って、我慢する必要はありません。れっきとした病名が付けられているので、無理せず適切な機関に相談することをお勧めします。