生理痛とぎっくり腰の関係

生理痛とぎっくり腰の関係

年齢を重ねるとぎっくり腰になってしまうこともあるでしょう。ぎっくり腰になった時には、患部を冷やすなどして対処することもあるでしょうが、ぎっくり腰がそのまま慢性的な腰痛に繋がり、それが原因で生理痛がひどくなる可能性もあるのです。体の血行不良から生理痛がひどくなるとも言われていますが、腰痛も血行不良が原因で起こるのです。

ぎっくり腰からくる腰痛や生理痛で悩んでいるのであれば、患部を温めるようにしてみると良いと思います。血行が促進されて痛みが和らぐ可能性があります。また、あまり腰に負担を掛けないようにして過ごし、腰だけでなく手足も温めるようにしましょう。簡単にできることが、生理痛の緩和に繋がりますので、きちんと対処したいものです。もしあまりにもぎっくり腰や腰痛の症状が緩和されないようであれば、別の要因も考えられますので、受診することをおすすめします。