生理痛緩和のために骨盤内のうっ血を予防する

生理痛緩和のために骨盤内のうっ血を予防する

生理痛は、骨盤内のうっ血が原因でひどくなることもあります。自分では気づかないかもしれませんが、様々な理由によって骨盤内の血行が悪くなっていることもあり、それが原因で全身の冷えや生理痛、生理不順に繋がる場合もあります。自分で手軽にできる骨盤内のうっ血予防方法もありますので実践してみてはいかがでしょうか。

まず、骨盤を締め付けないことが大切です。プロポーションを良く見せるために、きつい下着やガードルを付けている方もいるでしょう。しかし、そのようなものを身に付けると血行が悪くなってしまうのです。なるべく体を締め付けないものを着用するようにしましょう。

長時間立ちっぱなしの状態で居ると、骨盤内の血液の流れが悪くなってしまいます。仕事の都合などで仕方がないという方もいるでしょうが、なるべく定期的に体を動かすようにしてみてください。たとえば、立っている間に屈伸運動をするだけでも良いですから、ずっと同じ姿勢でいるのは避けるようにしてみてください。また以外なのが、便秘を解消すること、そしてトイレに行きたいのを我慢しないことです。

トイレに行きたいのを我慢するとすぐに骨盤内がうっ血してしまうとも言われていますので、尿意を感じたらなるべくトイレに行くようにしましょう。我慢しすぎてしまうと膀胱炎になる可能性もあり、健康にも良くありません。生理痛がひどい場合はこのようなことに注意してみましょう。