子宮腺筋症の検査と治療方法

子宮腺筋症の検査と治療方法

子宮腺筋症かどうか調べるためには、病院で内視鏡を使った検査を行うこともありますが、一般的には超音波による診断が用いられることが多いようです。また、MRICTなどを利用することもありますが、画像を見ることによって判断するのが一般的です。しかし、画像で見ただけでは子宮がんと違いがよく分からないこともあります。その時には血液検査を行い、判断することになるでしょう。

治療補法としては、薬物療法があります。子宮腺筋症になると腹部の痛みがひどいですから、鎮痛剤が投与されることも多いです。ホルモンを補うホルモン療法が用いられることもあるのですが、ホルモンのバランスを正常に保つことにより、生理痛や生理不順を改善することができます。また、月経過多になることもありますが、そのような時には貧血の症状で悩む人も多いため、造血剤などを処方される場合もあります。

また、子宮自体がどんどん大きくなってしまうため、子宮全摘手術や子宮温存手術といった方法もあります。その他の手術方法もありますが、以前に比べるとなるべく子宮を残す手術方法が増えていますので安心して良いでしょう。場合によっては全摘する必要もありますが、症状がそこまで進行していないようでしたら、全摘は免れることでしょう。そのためにも、早めに受診することが大切です。