子宮腺筋症によって起こる生理痛

子宮腺筋症によって起こる生理痛

子宮腺筋症によって生理痛がひどくなることもあります。子宮筋腫と似ているのですが、全く同じ病気というわけではありません。子宮の筋層部分に子宮内膜のようなものが出来てしまう症状であり、子宮全体が大きくなるという特徴があります。子宮筋腫の場合はこぶが出来て大きくなってしまいますので、そのような違いがあります。子宮内膜症と一緒に起こる場合もあります。

症状としては、激しい生理痛や貧血、月経過多などがあります。月経の際の出血量が多い場合は注意しましょう。また、貧血によって倦怠感などが起こる場合もあります。そのまま放っておけば、貧血などの症状はどんどんひどくなってしまいますので注意しましょう。子宮が大きくなれば、臓器を圧迫する可能性があり、生理の時だけに生理痛が起こるのではなく、普段も痛みを感じることが多くなります。不妊に繋がる場合もありますので、生理の時だけでなく普段も腹部が痛むようなことがあれば、子宮腺筋症である可能性も考えられます。