生理痛の存在する型1

生理痛の存在する型1

生理痛は、別称として「月経困難症」とも言われており、これは大きく分けて2つの型に当てはめることが出来ます。1つめは、「器質性月経困難症」と呼ばれるもので、これは子宮や卵巣に、何らかの病気が隠れているものを指します。2つめは、そうした病気の要因は考えられず、体質や心理的なストレスなどが原因となることによって、引き起こされると考えられているものになります。病気が隠れている月経困難症「器質性月経困難症」の場合、大体20代の後半から多くなっていき、生理痛を始めとする症状は、生理初日から3日目ごろを過ぎても続くことが特徴であり、生理期間以外にも痛みが起こることがあります。病気の原因として挙げられるのが、子宮内膜の組織が子宮腔以外の部位に生じる「子宮内膜症(月経周期に一致して増殖・出血・再生を繰り返して障害を起こす)」、子宮内膜の組織が子宮の筋層内に潜り込んで増殖する「子宮腺筋症(悪性疾患ではないが、強い月経痛や月経過多が見られ、日常生活に支障をきたす場合が多い)」、「子宮筋腫(子宮の筋肉に発生する良性腫瘍)」などになります。