生理痛の痛みが変化したら?

生理痛の痛みが変化したら?

生理痛の痛みが急に変化することもあります。年齢を重ねるにつれて、生理痛の痛みは変化するとも言われていますので、たとえそれが見られたとしても不思議なことではありません。もちろん、それまでの症状と違うと不思議に思うかもしれませんが、自然なことなのです。

たとえば、20代から30代になると生理痛が変化しやすいと言われています。実は、30代を過ぎるとホルモンの分泌量が変化しやすいものなのです。ホルモンバランスが乱れることにより、生理痛もひどくなってしまいますので、20代の時には生理痛が軽かったにも関わらず、30代になってから生理痛がひどくなった、また生理不順になってしまったということもあります。

それ以上に年齢を重ねると生理周期が乱れやすくもなりますので、たとえ生理周期が乱れたとしても、更年期の場合は特に気にする必要はないでしょう。但し、年齢を重ねると子宮がんなどの病気にも罹りやすくなりますので、絶対に安心というわけではありません。そのような点を把握した上で、自分の生理痛の症状をきちんと見極めるようにしましょう。