ひどい生理痛と不正出血が起こっている場合は?

ひどい生理痛と不正出血が起こっている場合は?

生理痛がひどいだけでなく、不正出血もあるのであれば、婦人科の病気も疑われます。そもそも不正出血はどういう状態を言うのかというと、生理ではないにも関わらず、膣や子宮などから出血が起こっていることを指します。生理の時には出血が起こるのは普通のことですが、それ以外の時に出血が起こるのは注意した方が良いでしょう。

不正出血が起こっているだけでなく、ひどい生理痛のような痛みが現れている場合は、子宮外妊娠や流産している可能性も疑われます。ですから、一刻も早く受診をすることが大切です。妊娠している方や妊娠している可能性がある方で出血が起こったのであれば、胎児に危険が迫っている可能性もありますので、きちんと受診するようにしましょう。

不正出血の量が多い場合に注意しなければならないのはもちろんですが、少ないからと言って安心はできません。子宮がんなどの可能性も考えられますので、あまりにも頻繁に不正出血があるのであれば、早めに受診してください。