生理痛と不妊症の関係性は?

生理痛と不妊症の関係性は?

生理痛がひどいと不妊症に繋がるという話もありますが、生理痛がひどいからと言って、必ずしも不妊症になるわけではありません。生理痛がひどくなる原因は人それぞれであり、たとえば子宮内膜症などの婦人科系の病気が原因で起こっていることもあるのです。

子宮内膜症になってしまうと、受精卵が着床しにくくなってしまうため、妊娠しづらくなると言われているようです。しかし、着床しづらくなるというだけであり、必ずしも妊娠ができないわけではありません。ですから、たとえ子宮内膜症になってしまった方も、安心してください。

ホルモンバランスの乱れによって生理痛がひどくなることもありますが、ホルモンバランスが崩れてしまうと生理周期が乱れてしまい、妊娠しにくくなることはあります。ですから、なるべくホルモンバランスを整える努力をすることが大切です。妊娠しやすい環境を整えてあげることにより、生理痛も自然と改善されるのではないでしょうか。