生理痛の治療でめんげんが現れる可能性も

生理痛の治療でめんげんが現れる可能性も

生理痛には様々な治療方法がありますが、治療をしたことにより、めんげんと呼ばれる反応が起こることもあります。これは好転反応とも言われるのですが、病気などの治療を行うことにより、下痢・発疹・発熱などの症状が現れることを指します。

このような症状が現れると、体が危険な状態なのではないかと思うかもしれませんが、これらの症状は体に良い作用が働いている証なのです。筋肉の疲れが取れたり、体内の老廃物が排出されていたりする時に現れる反応ですから、そのまま放っておいて構いません。めんげんのことを知らない方は、驚いて薬の服用などを中止してしまうこともあるようですが、自分で判断をせずに、必ず医師に相談してみましょう。好転反応は時間が経てば徐々に治まりますので、一時的なことなのです。様々な症状がありますので、どのような症状が現れる可能性があるのか、最初に医師に確認しておくと安心でしょう。必ずしもめんげんが現れるとは限りませんが、その可能性があることを把握しておくだけで、随分と気分も楽になるのではないでしょうか。