生理(月経)痛時に使われる布ナプキン2

生理(月経)痛時に使われる布ナプキン2

また、布ナプキンは紙ナプキンと比べると、その製造工程において、漂白剤などの化学物質の使用を抑えた品物を使用することで、布ナプキンはかぶれにくくなると言います。さらには、紙ナプキンに比べると、その肌触りも良いと言われています。また、色や柄などのデザインにこだわることも出来るわけです。紙ナプキンは、使用した後、捨てて終わりとなってしまいます。しかし布ナプキンは、持ち帰って洗う必要があるのです。これは利点であり、不利点であるとも言えます。洗ったとしても、完全に元の状態に戻るとは限らないわけです。また、副次的な効果として、毎回の状態を目で見て触れることから、自身の健康を常に確認することに繋がります。布ナプキンを現在までも製造・販売しているのは、「暮らしを耕す会」・「らでぃっしゅぼー」・「フェリシモ」などになります。こうした所では、環境・使用感・安全性だけでなく、ずれ防止や持ち帰りしやすい機能など、様々な工夫にも気を遣っているそうです。布ナプキンが普及するようになると、重曹洗剤や洗濯板などの関連商品も発売されるようになりました。入手方法としては、ネットショッピングや通信販売が主流となっています。