生理(月経)痛時に使われる布ナプキン1

生理(月経)痛時に使われる布ナプキン1

生理(月経)を対処する時に使われるものとして、ナプキンやタンポンが挙げられます。ナプキンに関しては特に、様々な種類が存在します。その中で、「布ナプキン」というものがあります。実はこの布ナプキンは、2000年代よりその肌触りの良さと環境への配慮などから、主流の紙ナプキンではなく、あえて布ナプキンを選択する人が増えてきているのだそうです。布ナプキンと紙ナプキンには、それぞれ特徴や違いがあります。紙ナプキンは、基本的に使い捨てです。その試算値として算出されているのが、1人の女性が生涯あたり、約1万2千枚を捨てるというデータになります。紙ナプキンの場合、こうした言ってみれば無駄か勿体ないとも取れる出費があることに対して、布ナプキンの場合は、洗うことによって繰り返し使用することが出来るので、直接的なコストを考えると、2年間あたり、紙ナプキンが7200円なことに対して、布ナプキンとなると5700円になるという試算が出されています。これが年数を重ねると、あくまで試算に過ぎませんが、圧倒的に布ナプキンが上回ることになるのです。