生理(月経)痛時に使われるノンポリマーナプキン1

生理(月経)痛時に使われるノンポリマーナプキン1

生理(月経)の際に主として用いられるナプキンには、世界でも様々な種類が存在しています。しかしながら、日本の紙ナプキンの品質は、実は外国に比べてとても高く、日本人が外国に行って仕方なく購入したナプキンの装着具合に驚くことがあるそうです。ちなみに欧米では、タンポンの方が主流だと言われています。ノンポリマーナプキンは、紙ナプキンの1種でもありますが、吸収体に使われているのが、高分子ではなく綿やパルプなどの素材を用いたものとなり、かつてはこのタイプが当たり前に流通していました。吸収体と防水シートを重ねることにより、表面シートで包んだのみといった簡素な構造であることから、実用においての吸収量を確保するために、分厚くして作らなければならなかったのです。だからこそ、装着する方の女性としては、非常に動き辛さを感じ、モコモコとした違和感が耐えずついて回ることとなってしまいました。さらには、「吸収性高分子」を使った製品に比べると、吸収力や保持力が目に見えて劣っていました。