生理痛(月経)時に使われるナプキン4

生理痛(月経)時に使われるナプキン4

生理痛を伴う月経時には、必然的に濃い色の服装や、下着を着用することが多い傾向にあります。だからこそ、羽根や裏側部分をあえて黒色にした製品も、現在までに発売されています。紙ナプキンの製品の場合、装着した時に、大体20センチから40センチ越えのある前後の長短の具合や、羽なしと羽付き、サイドギャザーの有無、さらには昼用にスリムになった薄型、そして夜用のための厚型などに分類されています。近年の製品では、それまでのナプキンの形状よりも、もっとフィット感を増やした形状のものだったり、吸収力や吸収速度を高めることにより、過多月経患者のために対応したものだったり、一般のナプキンの形状とは違うものの、ショーツが一体となった穿く型だったりするものが存在します。この場合は、外見はナプキンというよりも事実上は紙オムツに近い構造になっています。さらに、外陰部にピースを挟むことによって、体に装着するような型など、ナプキンには多様に種類が存在するのです。よって、自身の用途、体型などTPOに合わせて使い分けると、より効果的だと考えられます。