生理痛(月経)時に使われるナプキン3

生理痛(月経)時に使われるナプキン3

ナプキンの表側となる表面には、不織布、そしてメッシュ状の樹脂シートが用いられており、中央には、肌触りの局部に当てるための綿のような部分があります。そして裏側は、防水のために、ビニールシートに粘着テープが付いていて、ショーツに接着して固定出来る仕組みになっています。長方形の側面には、一般的に羽と呼ばれている部分が付いている製品も、現在では多く出ています。この羽は、ショーツに装着した時に、ショーツのクロッチ部分を外側に折り曲げることによって、しっかりとショーツを固定することが出来るようになっています。羽付きのナプキンと、羽なしのナプキンには、擦れにくさだったり、使用感の違いだったりと、差異が存在します。メーカー製の使い捨てのナプキンは、コンパクトに折り畳まれた状態で、個装に包まれています。この個装を取り外すと、粘着テープを保護していたシートごと取れるという構造になっているのです。色としては、主として白色で、ビニールの部分には薄いピンク、ブルー、グリーン、パープルなどの淡いものが用いられていることが多いです。