生理痛(月経)への対処方法1

生理痛(月経)への対処方法1

生理痛を伴う月経の期間中、女性の身体では、子宮から「膣(ちつ、動物の雌性生殖器のうち体内にあって体外開口部に連なる末端部)」を経て、体外へと経血(月経で排出される血液)が排出されます。女性の場合、この出血を自分でコントロールすることが出来ません。よって、何らかの対処・処置をしないと、下着や衣服を汚してしまうことになるため、日常生活においても支障が生じるのです。だからこそ、この排出される経血を吸収するために、「ナプキン(生理用のパッド)」や「タンポン(脱脂綿やガーゼを丸めて、薬剤を付けて局所に当てたり、詰めたりして止血や分泌物の吸収に用いるもの)」のように、一般的に生理用品と呼ばれるものが活用されるのです。ナプキンなどの使用にあたり、より快適に過ごすためには、生理用とされるショーツ(婦人用の短い下ばき)を着用したりすることもあります。月経を処置したり、対処方法を実行すること(ナプキンなどの使用に関して)などは、小学校の性教育の段階において、触れられるようになりました。保健体育の授業だけ、男女別学となっている所もあります。