生理痛の終わり(閉経)2

生理痛の終わり(閉経)2

女性の身体は、月経の終わり、閉経時期である更年期を迎えると、ホルモンの分泌状況が変わり始め、月経が不規則になります。それから月経は、やがて停止へと至るのです。多くの場合では、50歳前後において閉経すると言われています。ちなみに、日本人女性の平均閉経年齢は、約50歳だと言われています。また、それよりも早くて、45歳以前に閉経する場合には、早発閉経と言われています。反対に、55歳以上の場合では、晩発閉経になります。動詞を使った俗表現では、上がるという言葉が使われています。閉経を挟んだ前後の5年ほどの時期を、更年期と呼んでいます。月経停止以外にも、色々な自覚症状が出る女性も存在します。これを総称として、更年期症状と言われています。長期間に渡って喫煙を続けていると、閉経が早くなるという例も多く見られています。現在の日本においては、およそ2千万人の更年期世代にあたる女性の多くが、エストロゲン欠乏によって、心身の様々な不調を有していると言われています。医師によって、更年期障害と診断される人は、実に更年期女性のうち、2~3割も存在するのです。