月経前症候群(生理痛)の治療2

月経前症候群(生理痛)の治療2

生理痛における月経前症候群の有効な対症療法のうち、その他に挙げられるものとしては、「頭痛薬」や「鎮痛剤」を用いた方法があります。さらには、「向精神薬」による療法です。向精神薬の広義としては、中枢神経系に作用することによって、生物の精神活動に何らかの影響を与える薬物の総称になります。そして日本においての狭義としては、麻薬や向精神薬取締法によって、個別に指定された物質になります。各種症状に合わせた対症療法の場合には、漢方療法が適用されます。これは、食事内容、具体的には、塩分(物の中に含まれている食塩の量)・脂質(脂肪やろうなどの単純脂質、燐脂質、糖脂質などの複合脂質、ステロイド・カロテノイドなどに性質や構造の似た物質の総称)・アルコール(日本酒・ビール・ワイン・ウイスキーなどの、製造法において発酵酒・蒸留酒・混成酒になるもの)などの過剰摂取によって、症状を悪化させる要素を控えることや、結構改善のための運動、睡眠などの生活指導が挙げられます。