生理痛に際した月経前症候群1

生理痛に際した月経前症候群1

生理痛とはつまる所、成熟した人間の女性や高等霊長類のメスの子宮から周期的に起こり得る、生理的な出血である「月経」に伴う痛みになります。この痛みには、正式な名称が付けられており、これを「月経前症候群(PMS)」と呼んでいます。月経前症候群とは、月経における3~10日前に、身体・精神症状が出現することによって、月経開始と同時にそうした症状が減退・消失することを指します。身体的に出る症状としては、乳房痛、乳房緊満感、腹部膨満感、頭痛、四肢の浮腫、腹痛などが発現すると言われています。ちなみに、頭痛の場合は、頭部に感じる痛みの中でも、表面痛でないものになります。様々なタイプの痛みを含み、その症状には幅の広い概念が存在します。よくある症状である一方で、これを主症状とした致命的疾患もあるのです。また他方では、原因が特定出来ないということも見受けられます。症候学上、非常に重要な症状であり、月経前症候群では特に偏頭痛だと言われています。精神症状としては、イライラ感、抑うつ状態、不安感、易興奮性などが挙げられます。