生理痛の表現について

生理痛の表現について

生理痛がひどい方は、正常な痛みなのかどうかを表現したいと思うこともあるでしょう。たとえば、病院に行った時には、生理痛がどのような痛みなのか説明する必要があります。生理痛の痛みを口で上手く表現できなかったとしても、どの辺りが痛むのか、どのように痛むのかを伝えることが大切です。医師であれば、その症状などを参考にして、何が原因で生理痛が起こっているのかを判断することができるでしょう。

また、女性同士で生理痛の痛みがどの程度なのか伝えることもあるかもしれません。女性しか分からない痛みだからこそ、自分の痛みは普通なのかどうか気になると思います。同じような痛みを抱えている女性同士であれば、お互いどのような対策を実践しているのか相談することもできます。

生理痛の痛みを表現したくても、なかなかうまく伝えることができないのが男性だと思います。男性は生理痛の痛みを全く理解できないわけですから、痛みを上手く表現しようとしたとしても難しいでしょうし、男性もなんとなくしか理解できないと思います。しかし、たとえば恋人や旦那さんであれば、その痛みをなんとか分かろうとしたり、少しでも痛みが和らぐように努力する方もいると思いますので、正直に辛い痛みを伝えてみましょう。