生理痛がひどい場合は病気の可能性もある?

生理痛がひどい場合は病気の可能性もある?

あまりにも生理痛がひどい場合には、病気が原因で起こっている可能性もありますので注意が必要です。ただの生理痛だからと思ってしまいがちですが、それが病気が原因で起こっている場合、どんどん病気が進行していきます。それに伴って、生理痛が更にひどくなったり、その他の症状が現れたりしますので、きちんと自分の症状に気付く必要があるのです。

生理痛と関係のある病気として、子宮筋腫や子宮内膜症があります。このような病気になると、生理の時の出血量が多くなる、血の塊のようなものが出るということがあります。子宮筋腫の場合は、子宮の筋肉が腫瘍となってしまう状態のことを言いますが、あまりにも腫瘍が大きくなった場合は、手術で切除する必要も出てきます。

また、一般的に子宮内膜という部分で増殖と剥離を繰り返しているものですが、子宮内膜症の場合は、子宮内膜ではないところで増殖、剥離を繰り返すことになるため、生理の時に起こった出血が通常通りに排出されず、別の場所に血液が溜まってしまうという状態になります。特に、卵巣で増殖、剥離が起こりやすいため注意が必要です。

また、子宮筋腫も子宮内膜症も、不妊に繋がってしまいますので、早めにきちんと治療しておくことが大切です。