生理の時にも入浴をしましょう

生理の時にも入浴をしましょう

生理の時は湯船に浸からない方は多いでしょうが、実は生理痛を緩和するためには、湯船に浸かった方が良いのです。湯船に浸かることによって血行が促進され、体の冷えが改善されるため、生理痛の緩和に繋がると言われています。生理中に湯船に浸かったら血が出てしまうのではないかと思うかもしれませんが、お風呂の中は水圧がありますよね。ですから、血が出てしまうことは防げます。もし家族がいるのであれば、念のため最後に入るなど、工夫をすると良いですね。

体を温めるためには、半身浴がおすすめです。半身浴をする場合は、心臓よりも下までお湯に浸かるようにして、温度は少しぬるめに設定しましょう。あまり熱いとのぼせてしまう可能性もありますので、無理をしないでくださいね。手は湯船から出すようにしてください。

できれば20分ほど半身浴を行うようにすると、体がポカポカすると思います。お風呂から上がった後も温かさが続き、気づけば生理痛が和らいでいるのではないでしょうか。体の冷えは生理痛の悪化に繋がるため、冷え性の方は特に、湯船に浸かるようにしましょう。

また、足湯も効果的です。手足と言うのは特に冷えやすい部分ですから、意識的に温めることが大切です。足湯だけでも体が温まりますし、汗も出てくるでしょう。手軽にできますから、生理痛がひどい方は足湯を楽しんでみてはいかがでしょうか。

このように、生理の時には入浴を避けるのではなく、工夫をしながら体を温めるようにしてみてください。