生理痛と難産の関係について

生理痛と難産の関係について

昔から、生理痛がひどい方は出産の時に安産になるという説がありますし、反対に生理痛が軽い方は難産になるとも言われていますよね。なるべく出産は軽い方が良いでしょうから、このような説があると不安に思う方もいるでしょうが、出産が安産か難産かというのは、人によって異なります。確かに、生理痛がひどくて安産だった方もいますが、難産だった方もいるのです。その反対もあります。ですから、生理痛がひどいからと言って、残念ながら必ずしも安産になるとは限りません。

しかし、生理痛がひどい方にとって良い話もあります。出産をした後は、生理痛が軽くなる人が多いと言われているのです。これは本当の話であり、確実に生理痛が軽くなるわけではありませんが、出産をした後は子宮口が開いた状態になりますよね。少なからず、出産前よりは開いた状態になりますが、子宮口が狭いと、生理の時の血がうまく排出されないために、生理痛がひどくなることがあるのです。出産後に子宮口が開くことにより、生理の血が排出されやすくなって、生理痛の緩和に繋がると言われています。これは確かな話のようですから、生理痛がひどい方は、それまで辛い思いをするかもしれませんが、出産後はもしかしたら生理が軽くなるかもしれませんので、ちょっと期待したいものですね。