生理痛はなぜ起こるのでしょうか?

生理痛はなぜ起こるのでしょうか?

生理痛で悩まされている人は、生理痛を緩和する方法ばかり調べるかもしれませんが、実は生理痛が起こる原因を知ることも大切です。生理痛がなぜ起こるのか知っておくと、その原因を取り除くことによって生理痛が緩和される可能性もありますよね。生理痛が起こる仕組みについて理解してみましょう。

生理痛が起こる原因はいくつか考えられます。子宮口が狭かったり、子宮を収縮させる働きのあるホルモンの分泌量が多いといった原因が考えられます。また、ストレスなどの心理的なことも生理痛に繋がるのです。

たとえば、子宮を収縮させるホルモンの分泌量が多いという点についてですが、子宮内膜が剥がれ落ちることによって生理が起きます。子宮内膜を排出するために、プロスタグランジンというホルモンが分泌されますが、なんらかの原因によってこのホルモンの分泌量が多すぎてしまうと、子宮を収縮させて、生理痛の痛みが大きくなるのです。

また、出産経験が無い女性は、子宮口が狭い状態のこともありますし、生理が始まって間もない時にも子宮がきちんと成長していないために子宮口が狭く、生理の血の排出に時間が掛かってしまい、生理痛の痛みがひどくなることがあります。つまり、出産などによって子宮口が開くと、生理痛が軽くなる可能性があるのです。

ストレスを抱えることにより、自律神経のバランスが崩れてしまい、生理痛の痛みを感じやすくなるとも言われています。その他には、運動不足、体の冷えなどが原因で血行が悪化してしまい、生理痛をひどくしてしまうこともあります。

このように、様々な原因によって生理痛が起こるのですが、中には自分でなんとかできる原因もありますよね。特に生活習慣の見直しは、生理痛の緩和に繋がりますので、努力してみてはいかがでしょうか。