生理痛と東洋医学の関係について

生理痛と東洋医学の関係について

病気の治療を行うにあたり、東洋医学の考え方が利用されることは多いですよね。では、生理痛の場合は、東洋学的に見るとどうなのかというと、生理痛の原因は、気や血の循環が悪い、栄養不足などだと考えられています。

たとえば、ストレスなどが原因で起こるとされているのが、肝気鬱結です。ストレスによって、血液の流れが悪くなり、生理痛の痛みがひどくなると言われています。月経前や月経の時に下腹部に痛みを感じたり、イライラすることが多い、生理の血の量が少なめといった症状が現れているのであれば、このようなことが原因で生理痛がひどくなっている可能性があります。

これを改善するためには、やはりストレスを解消することが一番です。女性もストレスを感じている方は多いでしょうが、ストレスは生理痛の大敵になります。だからこそ、一度だけではなく、定期的に自分の好きなことを、とことん行うようにすると良いでしょう。

また、生まれた時から、肝臓が人より弱いなどの特徴がある場合も、生理痛の原因に繋がるようですね。この場合は、そこまで痛みがひどいわけではありませんが、めまいや耳鳴りを生じることがあったり、だるさを感じやすいという場合には、生まれつき肝臓が弱かった可能性があります。この場合も、なるべく精神的な負担を掛けないことも大切です。

東洋医学によって生理痛の改善を行っている病院も多いですから、そのような病院を利用して治療を行っても良いでしょう。