生理痛の緩和効果のある低用量ピル

生理痛の緩和効果のある低用量ピル

低用量ピルは、避妊薬として利用されることが多いでしょう。実際に飲んでいる女性も多いようですが、低用量ピルは、生理痛の緩和効果も得られると言われています。ですから、避妊のためではなく、生理痛を改善するために低用量ピルが処方されることもあるのです。

低用量ピルを服用することで、体内にホルモンを補うことができます。そうすると、ホルモンバランスが整い、生理痛の緩和に繋がると言われているのです。その上、生理痛は、月経困難症や子宮内膜症が原因で症状が悪化することもあるのですが、低用量ピルを服用することで、そのような症状の緩和にも繋がります。もちろん、それぞれの病気の治療をする必要もありますが、生理痛自体の痛みは日常生活に支障が出ることもありますので、低用量ピルを利用することで症状が緩和されるのであれば、利用したいという方は多いでしょう。

ピルは薬になりますので、安全性も気になると思います。確かに、副作用が全くないわけではありませんが、それは鎮痛剤も同じですよね。もし副作用が気になるのであれば、事前に医師に相談してみると良いでしょう。また、病院を受診することで、自分では気づかなかった病気の発見に繋がることもあります。妊娠を希望されている方は、ピルを服用してしまうと妊娠する可能性がほとんどなくなってしまうのでおすすめしませんが、もし妊娠を希望していないのでしたら、低用量ピルを服用してみてはいかがでしょうか。