生理痛の鎮痛剤にはそれぞれ違いがあります

生理痛の鎮痛剤にはそれぞれ違いがあります

生理痛がひどい時に、鎮痛剤を飲む方は多いでしょう。確かに、鎮痛剤を飲むことにより、生理痛独特の痛みや症状を緩和することができるのですが、鎮痛剤によって成分なども異なり、効果にも違いがありますので、きちんとその違いを把握した上で鎮痛剤を服用することをおすすめします。

生理痛の症状として、下腹部の痛みなどを感じているのであれば、イブプロフェンが主成分である鎮痛剤が効果的です。場合によっては、生理によって胃が痛くなることもあるようですが、そのような時に鎮痛剤を服用しても、効果が現れないとも言われています。胃が痛い時ではなく、生理痛独特の下腹部の痛みを感じている時に、鎮痛剤を飲むようにしましょう。

また、人によっては、生理の時にイライラしてしまうこともあるでしょうし、体の緊張から様々な症状が現れることもあります。そのような時には、イブプロフェンよりも、催眠鎮静成分が配合されている薬の方が効果的です。

必ずしも、鎮痛剤を飲めば痛みが緩和されるわけではありませんし、毎日のように飲み続けたり、必要量以上に飲んでしまうのは良くありません。もし痛みが緩和されないのであれば、量を増やすのではなく、医師に相談することをおすすめします。