生理痛があるのに出血がない場合は?

生理痛があるのに出血がない場合は?

生理痛のような痛みを感じるにも関わらず、生理の時の出血が無いという場合もあるでしょう。そのような時には、妊娠している可能性があると言われています。

妊娠をした時には、下腹部が痛んだり、重く感じたりすることがあるのですが、これは生理痛に非常に似ています。誰もが妊娠をした時にそのような痛みを感じるわけではありませんが、痛みを感じたとしても、妊娠をしていることに気付かず、生理痛なのに出血が無いと不安に思う方もいるようです。

もし妊娠をしている可能性が少しでもあるのであれば、生理痛のような症状だったとしても、なるべく鎮痛剤などの薬を飲まないようにしましょう。薬は胎児に影響を与えることがあるため、早めに薬を控える必要があるのです。また、妊娠しているかどうか調べるためには、産婦人科に足を運んでも良いですが、産婦人科に行くことに抵抗を感じるのであれば、妊娠検査薬を使用してみても良いでしょう。いずれにしても、妊娠しているのかどうかを確かめた上で、病院に行くことをおすすめします。