生理痛の症状について

生理痛の症状について

生理痛というのは、全員に同じ症状が現れるとは限りません。痛みも個人差がありますが、症状も多々あると言われています。なかなか自分の症状や痛みを口で誰かに伝えるというのは難しいと思いますが、代表的な生理痛の症状としては、頭痛や腰痛といったものがあるでしょう。もちろん腹痛も気になるでしょうが、女性は生理痛によって頭痛で悩まされることが多いと言われています。

生理とも関係していますが、頭痛というのは、男性よりも女性の方が起こりやすいという特徴があります。生理の時には、女性ホルモンの分泌量が急激に変化し、減ることによって頭痛が起こると言われています。つまり、女性ホルモンを補うことができれば、頭痛を緩和することができるでしょう。

また、腰痛の場合は、プロスタグランジンというホルモンが分泌されるためです。生理の時には、ホルモンの量や分泌されるホルモンがいくつかありますので、それによって様々な症状が現れるのです。腰痛も辛いでしょうし、特に女性は骨盤を大切にしなくてはなりませんので、なるべく腰痛を改善するように心がけたいものです。

その他の症状として、下痢もあります。下痢と生理痛というと関係無いように思えるでしょうが、生理の時には、腰痛の原因と同じく、プロスタグランジンが分泌され、臓器の収縮に繋がるため、下痢になりやすいと言われています。毎月下痢で悩まされるのは辛いと思いますが、下痢で悩まされている方も意外と多いと言われています。症状によっては病気と関係している場合もありますので、自分の症状を把握しておくことも大切です。