生理痛の薬を飲んだ後でお酒を飲んでも大丈夫?

生理痛の薬を飲んだ後でお酒を飲んでも大丈夫?

生理痛がひどい方は、生理痛を緩和するために薬を服用することもあるでしょう。薬は、夜に飲むこともあると思いますが、薬を飲んだ後にお酒を飲みたいという場合もありますよね。しかし、薬とお酒を一緒に摂取すると、体にトラブルが起こるとも言われていますので、気を付けなければなりません。

必ずしも、どの薬を飲んでも副作用が起きるとは限りませんが、お酒も薬も、胃や肝臓に負担を掛けることになります。だからこそ、胃や肝臓の負担が大きくなってしまい、激しい胃痛に襲われる可能性もあります。また、肝臓の機能が衰えてしまう可能性も考えられます。

飲んでいる生理痛の薬の注意事項などをよく読み、お酒が禁止されているようであれば、薬を飲んだ後にお酒を飲むことは絶対にやめましょう。また、医療機関から薬を処方されている場合は、医師に確認してからお酒を飲むことをおすすめします。トラブルが起きてからでは遅いこともありますので、トラブルが起こる前に対策をとりましょう。