生理痛を緩和するためにカフェインを控えましょう

生理痛を緩和するためにカフェインを控えましょう

生理痛が気になっている方の中には、毎日何杯もコーヒーを飲みという方もいるでしょう。コーヒーにはカフェインが含まれていますが、このカフェインは、生理痛の悪化に繋がるものでもあるのです。だからこそ、カフェインの摂取を控える、つまりコーヒーをなるべく飲まないようにすることが、生理痛の緩和方法でもあります。

カフェインが、体に良くないとされている理由は、生理痛をひどくする他にもあります。利尿作用があるため、体の中の水分が排出されてしまうのです。それにより、体が冷えてしまい、全身の血液の流れが悪くなってしまうことがあります。卵巣や子宮を冷やしてしまうのは、不妊にも繋がりますので、良くないとされています。

また、市販のコーヒーは、手軽に飲めることから利用している方も多いでしょうが、実は食品添加物が多く含まれているものもあります。そのようなものは、体内のビタミン、ミネラルを奪ってしまいますので、良くないのですね。せっかくビタミンやミネラルを補っていても、カフェインのせいで意味がなくなってしまう可能性があるのです。

完全に飲むのを止めなくてはならないというわけではありませんが、1日に2杯程度に抑えるようにしたり、なるべく体を温めるようにすることが、生理痛の緩和に効果的です。コーヒーの飲み方を見直してみてはいかがでしょうか。