アルコールは生理痛の悪化に繋がります

アルコールは生理痛の悪化に繋がります

女性の中には、アルコールが好きで、毎日のように大量に飲むという方もいるでしょう。確かに、アルコールを飲むことによって、一日の疲れを解消することにも繋がるでしょうから、そういった方にとっては、アルコールは欠かせないものでしょう。しかし、アルコールを大量に摂取してしまうと、生理痛の悪化に繋がりますので、できるのであれば、大量に飲むのは避けた方が良いでしょう。

アルコールを飲むことにより、肝臓の血液の流れが悪くなると言われています。肝臓機能の衰えは、生理痛の悪化に繋がりますし、その他の体のトラブルにも繋がります。たとえば頭痛や便秘もその一つです。特に女性は、便秘で悩まされている方もいるでしょうが、アルコールが原因で起こっている可能性もあります。

適度に飲む程度であれば、全身の血行が促進されるため、生理痛の緩和にも繋がると言われているのですが、大量に飲むのは良くありません。一滴も飲まない方が良いとは言いませんが、たまには肝臓を休ませることを意識したり、量を減らすなどして、生理痛の緩和に努めるようにしましょう。また、アルコールを飲む人に効果的な生理痛を緩和するツボもありますので、そのようなツボを刺激するように心がけることもおすすめします。