生理痛と着床出血の痛みは何が違うの?

生理痛と着床出血の痛みは何が違うの?

生理と着床出血は似ている為、勘違いをしてしまう人も多いと言われています。着床出血というのは、妊娠をした場合、受精卵が子宮に着床した時に起こる出血ですので、着床出血が起こるということは、妊娠したということになります。

着床出血の場合は、鮮血では無く、量もそこまで多くはありません。個人差がありますが、ピンクのような場合もあれば、茶色のような場合もあります。着床出血が起きる時期としては、生理予定日に近い時期になるため、勘違いしやすいのです。また、着床出血が起きている場合、見た目だけでなく、実際に下腹部も痛くなることがあるのです。つまり、生理痛と似ている痛みを感じることになります。

色や量で見分けることしかできませんので、後はどの程度出血が続くかということになるでしょう。もし不安なようであれば、一度婦人科を受診することをおすすめします。場合によっては、そのまま流産してしまう可能性もありますので、気づいた時に、一度受診した方が安心できるでしょう。出血が起こるには、なんらかの理由があります。だからこそ、大丈夫だろうと思わずに、きちんと対処することが大切なのです。