生理痛の原因である骨盤の歪みチェック方法

生理痛の原因である骨盤の歪みチェック方法

骨盤の歪みは、生理痛をひどくすることがあります。出産を経験した方は特に、骨盤がゆるんだり、歪んだりすることもあるのですが、自分では骨盤が歪んでいるかどうかチェックすることから始めてみましょう。

たとえば、仰向けに寝た状態で、足は肩幅に開きます。そして、骨盤が最も高い場所から、床までの高さがどのくらいか測ってみましょう。できれば、誰かに測定してもらった方が良いですね。左側と右側を別々に測定して、高さが違う場合には、骨盤が歪んでいるということになります。どちらか高さが低い方に向かって骨盤が歪んでいるということが分かるのです。簡単にできるチェック方法ですので、試してみてください。

また、腹筋ができるかどうかをチェックするだけで、骨盤が開いているかどうかを知ることもできます。勢いをつけずに腹筋することができれば問題ないですが、もし腹筋ができないのであれば、骨盤が開いている可能性があります。腹筋を鍛えることも大切です。

骨盤の歪みを改善する方法や骨盤の開きを改善する方法は多々ありますので、自分のやりやすい方法を実践してみましょう。